車 査定 20万キロ

20万キロを超える車の査定

車を買い取りやディーラーの下取りに出すときには、自分の車がどれくらいの金額で買い取ってもらえるかの目安がついていると、交渉もしやすくなります。基本的に、買取りの時の基準としては走行距離や年式、メーカー、モデル、オプションの有無などの様々なポイントが挙げられますが、中でも走行距離は査定額に大きな影響を与えますし、自分でも判断しやすい点ですので知っておくとよいでしょう。
一般的には、走行距離が少ないほうがそれだけ乗っていないということになりますので、状態がよいことがわかります。そのため、基本的に走行距離が短いほど買取り金額は高く、長くなるほど安くなっていきますが、目安としては1年間で1万キロと考えておくとよいでしょう。ただ、年数が長くなるほど一年あたりの走行距離は短くなりますので、実際には古い車の割には、それほど走っていないというものもよくみられます。
なお、走行距離による買取り金額の減額は、買い取ってもらう車両のクラスによっても分かれています。もともとの金額に違いがあるということもありますが、やはりグレードの高いものほど走行距離あたりの減額幅が大きくなっており、あまり走っていないうちに手放したほうがメリットが多いことがわかります。
通常は、10万キロ走行したものは査定額がほぼゼロになってしまいます。状態がよいものや特別年式が新しかったり、希少価値が高いものであるなどの条件を満たしていれば別ですが、プラス査定をする内容がみられないときには処分費用が掛からずに引き取ってもらえるという程度に考えておいたほうがよいでしょう。では、20万キロ走ったものはどうなるかというと、当然マイナスのほうが大きくなりますので、普通に走る状態であっても中古車として転売される可能性はほとんどありません。ただ、20万キロ走っていても需要の高いモデルの場合には買取り対象となることもありますし、パーツの状態がよいなど、部品として転売できそうなものであれば買取りは可能です。この場合、故障したものや動かなくなったものでも買い取ってくれる業者でなければ対応してもらえませんので、一般的な買取り業者に断られたときには、パーツ販売も検討して業者探しをすることをお勧めします。
ただ、これはあくまでも一般的な基準ですので、業者によっては普通に買取りをしてくれるケースもないわけではありません。まずは対応可能なところに実物を見てもらいましょう。